【最新2019年版】WordPress Ping Optimizerの設定方法と使い方

WordPress
初心者
Ping送信って、、、、なに?送信って、、、どこに??

 

こんな疑問にお答えします。

 

「WordPress ping Optimizer」プラグインは、ブログを投稿公開するとPing送信してくれる便利なプラグインです。

この記事で分かること

  • Pingとは何?
  • 「WordPress Ping Optimizer」インストール方法
  • 「WordPress Ping Optimizer」の設定方法

 

について解説しています。

プラグインの種類によっては、WordPressのテーマやプラグインとの相性、プラグイン自体の問題などで、WordPressに不具合が発生する可能性があります。プラグインのご利用にあたっては、自己責任であらかじめバックアップを取っておきましょう。

 

目次

Pingとは?

Pingとは、インターネットの世界にはPingサーバーと呼ばれるものがあり、世界中のウェブサイトの更新情報を収集しています。

あなたがブログを更新(記事投稿)した際にPingサーバーにPing送信を行うことで、ブログの更新が認知され検索エンジン(クローラー)が記事を見つけやすくなり、結果的にアクセスアップの可能性が上がります。

 

そのPing送信をやってくれるのが「WordPress Ping Optimizer」です。

 

「WordPress Ping Optimizer」とWordPressのPing送信の違い

 

実は、WordPressにも標準機能としてPing送信機能が備わっているのですが、WordPressのPing送信機能は「記事を更新するたびに毎回Ping送信を行う」よう設定されています。

 

しかし、記事修正や画像変更、更新するたびに何度もPing送信を行うと、何度も同じ記事の情報が送られ、検索エンジン(クローラー)が「(。´・ω・)ん?これスパム記事じゃね?」と疑い最終的にスパム判定を受けてしまう恐れがあります。

 

それを回避してくれるのが「WordPress Ping Optimizer」です。

「WordPress Ping Optimizer」をブログ・サイトに導入することで、Ping送信は記事公開時の初回一度だけしか行われないようになります。

 

「WordPress Ping Optimizer」のインストール方法

「WordPress Ping Optimizer」インストール方法は2種類あります。

  1. WordPressメニューのプラグイン項目からインストールする方法
  2. サイトからファイルをダウンロードしてインストールする方法

今後、複数のワードプレスを運営する予定があるなら、必要プラグインはダウンロードしてフォルダにまとめておくと便利です。

 

WordPressメニューのプラグイン項目からインストールする方法

 

インストール方法①

管理画面⇒「プラグイン」⇒「新規追加」⇒「WordPress Ping Optimizer」で検索⇒「今すぐインストール」⇒[有効化

 

検索窓に入れたいプラグインの名前を入力して検索、インストールして有効化しましょう。

 

 

有効化」を忘れずに!

 

サイトからファイルをダウンロードしてインストールする方法

 

インストール方法②

「ファイルをダウンロード」⇒ 管理画面⇒「プラグイン」⇒「新規追加」⇒「プラグインのアップロード」⇒「ファイルの選択」⇒「今すぐインストール」⇒[有効化

 

 

WordPressのプラグインサイトからファイルをダウンロードします。(下記画像サイト)

 

 

WordPressの基本画面左のメニューから「プラグイン」から「新規追加」をクリック。

 

 

プラグインを追加の横「プラグインをアップロード」をクリック。

 

 

入れたいプラグイン「ファイルを選択」して「今すぐインストール」します。

 

 

インストールが終わったら有効化しましょう。

複数のブログ運営をするならば毎回検索してインストールするよりも、こちらの方が楽です。

 

WordPress Ping Optimizer ファイルダウンロード

 

「WordPress Ping Optimizer」の設定方法

有効化したら、管理画面(ダッシュボード)から設定、「WordPress ping Optimizer」と進みます。

 

画面が切り替わり、URLの記載欄が表示されるので赤枠の中にPing送信先のURLを入力し、「Enable pinging」にチェックが入っているのを確認し、「Save Settings」ボタンをクリックします。

 

【2019年7月現在】の有効なPing送信先は画像の下に貼ってあります。

 

下記URLを赤枠の部分にコピペすると簡単です。

【2019年版】Pingサーバー一覧

http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://ping.blo.gs/
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://ping.fc2.com/
http://ping.feedburner.com/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://wpdocs.sourceforge.jp/Update_Services
http://rpc.pingomatic.com/
http://ping.blogranking.net/
http://ranking.kuruten.jp/ping
http://www.blogstyle.jp/
http://www.blogpeople.net/ping/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://services.newsgator.com/ngws/xmlrpcping.aspx
http://ping.dendou.jp/
http://blog.with2.net/ping.php/
http://ping.cocolog-nifty.com/xmlrpc
http://ping.sitecms.net
http://pingoo.jp/ping/
http://taichistereo.net/xmlrpc/

 

コピペする時の注意点として、デフォルト(最初から)で入っているURLは消してから、張り付けてください。

 

エラーについて

入力したURLはエラーになる場合もありますが、「Ping Log」で一覧の確認が可能です。

Ping送信のログの赤文字で記載してあるURLがエラーです。

これは一時的なエラーの場合もあるので、長く続く場合はエラーになるURLを削除しましょう。

 

削除方法は、先ほどコピペした「Pingサーバー」一覧からエラーになるURLを消すだけです。

 

以上で、WordPress ping Optimizerの設定方法と使い方についての解説は終了です。

この記事を書いた人

複数の収入を得るための一つとしてブログを運営しています。分かっているつもりでは稼げないのがこの業界ですが、すべての手法を公開しています。

目次
閉じる