【最新】Google XML Sitemaps 設定とサーチコンソール登録方法

良い記事をたくさん書いても、Googleサーチコンソール(Google Search Console)にXMLサイトマップを登録しないと、検索エンジンが記事を見つけるのが遅くなり順位に反映されにくくなります。

 

サイトマップとは、サイト内のページを分かりやすく一覧にしたものです。

 

サイトマップには2種類あり、「HTMLサイトマップ」と「XMLサイトマップ」があります。

 

HTMLサイトマップ」は、ブログ・サイトの構成を一覧にしたもので、あなたのブログやサイトにユーザーが訪れた時に記事を探すために設置する「サイト内の記事」の一覧ページです。

 

HTMLサイトマップにSEO的な効果はありません。記事が増えた時にユーザーのために必要なら設置しましょう。

 

XMLサイトマップ」は検索エンジン(クローラー)がサイトを巡回した時に情報収集するために必要な検索エンジン(クローラー)用のマップです。

 

XMLサイトマップは検索エンジンが記事を見落とさないようにするために効果的です。検索流入を呼び込むために設置しましょう。

 

この「XMLサイトマップ」をGoogleサーチコンソール(Google Search Console)に登録することで、検索エンジン(クローラー)があなたのブログ・サイトに優先的に巡回してくれます。

検索エンジン(クローラー)がサイトを優先的に巡回してくれることで、検索順位に反映されやすくなるというメリットがあります。

 

「Google XML Sitemaps」は記事作成時に自動でサイトマップを更新し、検索エンジンへ自動で通知してくれる便利なプラグインです。

 

プラグインを使用しないと、この流れを手動でしなければなりません。

かなり、めんどくさいです(笑)

 

目次

Google XML Sitemaps 設定とサーチコンソール登録方法

 

Google XML Sitemapsのインストール方法は2種類あります。

  1. WordPressメニューのプラグイン項目からインストールする方法
  2. サイトからファイルをダウンロードしてインストールする方法

今後、複数のワードプレスを運営する予定があるなら、必要プラグインはファイルをダウンロードしておくと便利です。

Google XML Sitemapsをダウンロード

 

インストール方法①

管理画面⇒「プラグイン」⇒「新規追加」⇒「Google XML Sitemaps」で検索⇒「今すぐインストール」⇒[有効化

インストール方法②

管理画面⇒「プラグイン」⇒「新規追加」⇒「プラグインのアップロード」⇒「ファイルの選択」⇒「今すぐインストール」⇒[有効化

 

有効化」を忘れずに!

 

設定画面を開いてXML-Sitemapから設定する

続いて管理画面のサイドバーの「設定」⇒「XML-Sitemapからいくつか設定をします。

設定できるのは以下の8項目

  • 基本的な設定
  • Additional pages(追加ページ)
  • 投稿の優先順位
  • Sitemap コンテンツ
  • Excluded Items(除外項目)
  • Change Frequencies(頻度の変更)
  • 優先順位の設定(priority)

XML Sitemaps 基本的な設定方法

基本的な設定では、初期設定のままでOK!念のため以下の画像通りにチェックが入っているかを確認しておきましょう。

  • Notify Google about updates of your site
    ⇒サイト更新時にGoogleに通知する
  • Notify Bing(formerly MSN Live Search) about updates of your site
    ⇒サイト更新時にBingに通知する
  • サイトマップのURLを仮想robots.txtファイルに追加
    ⇒検索エンジンにサイトマップの場所を正確に伝えることが出来ます
  • Try to automatically compress the sitemap if the requesting client supports it. 
    ⇒サイトマップを圧縮する(軽くする)
  • HTML形式でのサイトマップを含める
    ⇒サイトマップを人間から見て分かりやすくする
    (Search Consoleに登録したときにエラーが出たら、チェックを外しましょう)

 

Additional pages(追加ページ)設定方法

「Additional pages(追加ページ)」はそのままでOK

ブログ・サイトを運営する中で「サイトマップに無いが、追加したいページ」がある時にここからURLを追加します。

 

投稿の優先順位 設定方法

投稿の優先順位は、一番上の「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れましょう。

「指定したページを優先的に巡回する指標を検索エンジンに伝えます」

優先順位は後で決めます。

 

Sitemap コンテンツ設定方法

「Sitemap コンテンツ」はサイトマップに載せるコンテンツ(ページ)を指定します。

ここでは、検索エンジンにインデックスしてほしいページ=価値あるページを選びます。画像の通り設定しましょう。

固定ページにチェックを入れないのは、「問い合わせ」「プライバシーポリシー」「免責事項」「アーカイブページ(一覧ページ)」「投稿者ページ(投稿者ごとの一覧ページ)」などはSEO対策の必要がないので外しています。

 

Excluded Items(除外項目)設定方法

サイトマップに含めたくない記事や固定ページがある場合は、ここから設定できます。

カテゴリーの中に、検索キーワードを意識していない「日記・備忘録」または「低品質なコンテンツ」があるなら除外してもいいでしょう。

 

個別記事を除外する

カテゴリーではなく、個別で記事を除外したい場合は、記事IDを入力しましょう。

IDは、投稿(固定)一覧のタイトルにカーソルを合わせると出てくる「POST」=のあとの数字がIDです。

 

Change Frequencies(更新頻度)設定方法

各ページの更新頻度の目安を検索エンジン(クローラー)に伝える項目です。

検索エンジン(クローラー)にインデックスの必要のないページは頻度を下げておきましょう。画像の通りで問題ありません。

 

優先順位の設定(priority)設定方法

ここでは、ページの優先度を数値で設定します。インデックスされる必要のないページなどは「0」でかまいません。

下記画像を参考にしてください。

左下の「設定を更新」をクリックして完了です。

続いてサーチコンソールにサイトマップを追加しましょう。

Googleサーチコンソールにサイトマップを追加

ここまでの手順でXMLサイトマップ作成と設定が終わりました。この時点では検索エンジン(クローラー)はサイトマップの存在をまだ知りません。

 

Google Search Console(サーチコンソール)にサイトマップを登録しておきましょう。

 

まずは、GoogleアカウントにログインしてGoogle Search Consoieにアクセスしましょう。

Google Search Console

 

「サイトマップ」をクリック

サーチコンソールにログインしたら、自分のブログ・サイトをクリックして、「メニュー」⇒「クロール」から「サイトマップ」をクリックしましょう。

「sitemap.xml」を追加

URLの欄に「sitemap.xmlxml」を入力して「送信」ボタンをクリックします。

 

下記画像がのようにステータスが「成功しました」となれば登録は完了です。

 

以上が「Google XML Sitemaps 設定とサーチコンソール登録方法」でした。

良記事作成が検索上位を目指す近道

検索エンジン(クローラー)にサイトマップを送ってもいきなりアクセスが増えるわけではありません。

アクセスを増やすための下準備がととのっただけで、ここからユーザーにとって役立つコンテンツ(記事)を増やすことで、ブログの評価は上がっていきます。

 

検索上位を目指して記事を書いていきましょう。

この記事を書いた人

複数の収入を得るための一つとしてブログを運営しています。分かっているつもりでは稼げないのがこの業界ですが、すべての手法を公開しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる